Takeshi

アーティスト。寺子屋主催者。
http://ohgushi.jp

記事一覧(15)

第8回寺子屋受講者、ヨシダ エリさんの感想です。

今回2度目の受講になります。前回の受講時は自分の絵が何か足りていないと感じてはいたもののどうしたら良いか分からず悩んでいる時に参加させていただきました。厳しいアドバイスもたくさんいただきましたが、自分に足りていないと感じていた部分はこれだったんだ!と自分の中にすとんと入ってきたのを覚えています。この1年間、自分の絵を模索し続けました。時には自分が絵を描く意味はないんじゃないか、やめた方が良いのではないかと思うこともたくさんありました。そんな時に思い出すのは寺子屋の講師陣のみなさんの厳しいけれど思いやりにあふれたアドバイスの数々でした。応援してくださる方がいるから、頑張ろう。もしまた来年受講できたら、少しでも成長したと思っていただけるよう頑張ろう。気持ちが折れそうになるたび、何度もそう思って描き続けました。今年講師陣のみなさんが第一声で「線が良くなった」とおっしゃってくださり「あぁ少しは成長したと思っていただけたのかな」ととても嬉しかったです。今回みなさまからいただいたアドバイスも勉強になるものばかりでまたしてもすとんと自分の中に入ってきました。「本質を追求する」自分の中でもぼんやりとこういうことを描いていきたいと思ってはいたものの、つかみきれてはおらずモヤモヤしていたのですが、アドバイスをいただき霧が晴れたような気がしています。絵やイラストだけではなく、様々なものを見て吸収し、アウトプットにつなげていきたいと思います。「線をもっとこだわる」これは自分でも気になっていた部分で、悩んでいた部分でしたので、絶対に改善していこうと思いました。交流会の時に、堤さんにトリミングや拡大の仕方についておうかがいした際、「どうとでもできると思うんですよね」とおっしゃっていて、また自分で表現の幅に制限をかけてしまっていたことに気づきはっ!としました。頭で考えるよりもまずは色々試してみようと思います。講評の最後に「1年でこれだけ変われたんだから自信を持って頑張って」とOHGUSHIさんに言っていただけ、本当に嬉しかったです。また1年頑張る勇気をいただけました。同じような悩みや苦しみを経験しているであろう受講生のみなさま・見学者のみなさまとの出会いは本当に貴重でありがたいです。みなさまのご活躍は刺激にもなりますし励みにもなります。昨年も参加されていたリピーターのみなさまに1年ぶりにお会いできたのもとても嬉しかったです。関西在住の私には東京は怖いイメージでしたが(笑)、お会いする方みなさん優しさとあたたかさと熱い想いに溢れた方ばかりで大好きな場所になりました。最後になりましたが、講師陣のみなさま、サポートスタッフのみなさま、貴重なお時間を使って準備・開催していただき、本当にありがとうございました。もっともっと成長できるよう、これからも日々頑張ります!

第8回寺子屋受講者、西田真菜さんの感想です。

この度寺子屋を受講させて頂きました西田真菜です。https://www.mananishida.com/寺子屋は今回で二回目の参加でした。 去年、ボコボコに悪い点をたくさん指摘して頂き、今後のアドバイスもたくさん頂いたので、その言葉をむねに描いてみた一年でした。中でも特に楽しかったのは旅先でのスケッチでした。外でのびのびと描くのはとにかく楽しくて時間を忘れて描きました。なので、寺子屋には旅先のスケッチと、身の回りの好きなものを描いた絵とかをもってプレゼンしにいきました。結果としては、私自身の中では成長はあったものの、他の方々と比べると突き抜けるものが全然足りないと実感しました。旅や風景、身の回りの可愛いもの、といったテーマは描いてる方がたくさんいます。そこから一歩でるにはどうしたらいいか、そんなアドバイスを沢山頂きました。なので、次は「旅×○○」とか(○○は考え中ですが、)私ならではのテーマやストーリーで描いていこうと思います。楽しみです。頑張ります。講師の皆さまからのアドバイスはためになるものがたくさんありました。ここにまとめられないので、アドバイスのレビューは他の参加者の方々にまかせます。代わりに二回目の参加で改めて感じたことを書きます。寺子屋は主催のOHGUSHIさん、講師の皆さま、スタッフの方々、受講者の方々、とにかく皆さま志が高いです。そういう人たちが一堂に会したときのパワーは凄まじいものがあり、普段一人で黙々と描いてて孤独になりがちな自分にはそのパワーのおかげでもっと頑張ろうと思える時がたくさんありました。美大出身とかでもないので、クリエイターの方の知り合いは少なく、寺子屋のおかげで出会った方々との繋がりもすごく貴重で、制作裏話とか共有できるのも励みになりました。去年初めて参加した受講生の方々と寺子屋で一年ぶりに再会して、めちゃくちゃかっこよくなってる絵に、きゃー悔しいとか騒ぐのもなんか嬉しかったです。あと年齢や活躍ぶりも様々な方々が参加するので、そういう自分より先のステップを進んでいるイラストレーターの皆さまに出会うのは、自分が5年後、10年後、15年後どうしていたいのか考えるのにためになります。長くなってしまいましたが、寺子屋は参加する前はいつも緊張で気持ち悪くなるのですが、参加してみると毎回いってよかった~!ってなります。来年も多分気持ち悪くなると思いますが、もし出来ることなら受講したいです。

第8回寺子屋受講枠、安田圭吾さんの感想

安田圭吾kei-creative.com今回初めて寺子屋に参加させていただきました。私の周りにはイラストレーターやデザイナーがほとんどおらず、いったい自分の絵はどのような印象を持たれるのか、魅力はあるのか、何が足りていないのか。。。一度作品を客観的に見てもらえる機会が必要だと感じていました。そこでイラストレーターの勉強会や交流会はないかと調べていたところ、寺子屋のサイトを見つけました。●印象に残ったアドバイス「ストーリー性を持った作品を増やすべき」これまでカットイラストを中心に描き進めてきましたが、ストーリー性を重視した作品も描くべきか考えていたところだったので、進むべき道を示してもらえたようで視界がクリアになりました。「もっとアクセルを踏み込んだ作品を見たい」私は絵を描くとき、頭の中で描いたものを忠実に紙へ写す感覚で描いているが故、冒険ができず消極的な表現で留めてしまうところがあったのですが、そこをしっかりと指摘されてしまいました。今後の課題と捉え、いかにアクセルを踏み込めるかスピンしながらチャレンジしていきたいと思います。また、先人が培ってきた日本独自の表現技法を自らの作品に継承しているOHGUSHIさんの姿勢には非常に感銘を受けました。最後になりましたが、今回参加された方々のレベルが非常に高く、とても有意義で刺激的な一日となりました。みなさま、本当にありがとうございました。

第八回寺子屋受講枠、ハシグチハルカさんの感想

ハシグチハルカhttps://www.harucarino.com/3回目の参加となりました。今年は自分の描きたいモチーフに出会いに外に出て描くことに挑戦し始めました。旅をモチーフにして描かれる方は沢山いらっしゃるかと思います。風景だけに固執しませんが、いかに自分が感じたものを込めて描けるか、そして続けていくことがこれからの課題だと思いました。いつも頭で考えると緊張して硬くなるので、できるだけ自然体で描き進めようと思っています。その先に変化が待っていると思いますし、未知の領域に踏み出すことに今からワクワクしています。全体を通して同じ参加者の皆さんの作品が素敵で刺激を受けたのと、リピーター仲間の努力が凄まじく、私も頑張らなきゃ!と勇気をもらった1日でした。「トラベルイラストレーター」これだけイラストレーターの分母が多い時代に自分が何者であるのか。を示す必要性を感じます。タグは推敲が必要ですが(笑)より作家性を高めていきたいです。熊野さん命名ありがとうございます。「届くか」講師 堤さんの言葉。自分が良いと感じているものをどうやったら届けられるのか。この思いやりのような意識をを持って日々アートディレクションされている姿に感銘を受けました。決して独りよがりではなく、想いを絵に乗せて相手に届けられるか。「届く」ように描くいて行きたいと私も強く感じました。毎回思うのは講師の皆様の真剣なアドバイスの中に優しさが溢れていることです。寺子屋のご縁に感謝し、またこれからの1年も頑張ろうと思います。今年もありがとうございました。

応募締め切り迫る!10/30日まで。

まだまだ間に合いますので躊躇せずにご応募ください。見学枠も大好評!https://terakoya.localinfo.jp/pages/522069/page_201606220018-以下、主催者のOHGUSHIより、寺子屋の思いを語らせてください。-『全てのイラストレーターのために。』イラストレーターは特にスタートラインに立つ時は「社会の中で一人で活動していかなければならない」と感じるものです。ですが、寺子屋での仲間との出会いで、少しでも「孤独では無い」と感じてほしいと願っています。また、この業界で一線で活躍する講師陣も、いつまでもあなたをフォローし続けます。■ 寺子屋は心を通わせ、仲間を増やす場僕は若い頃からたくさんの仲間や先輩に育てられてきました。受講者の皆さんに僕が何かを教えるなんて力不足ですが、先輩方から頂いた温かな愛情の残り香を少しでもお土産として渡す事が出来れば幸いです。似た者同士が集まる寺子屋です、一度参加したら、いつまでも応援し、見守ってくれる心温かな仲間たちと出会えるはずです。■必ず仕事のステップアップに繋がる寺子屋では多様な職種の講師陣が、真摯に向き合います。例えば、その人に適した仕事の方向性や目標設定のアドバイス、さらには具体的なアクション方法から必要であれば国内や海外企業との優位な契約締結に向けた交渉方法まで、多角的に伝えていきます。■講師陣は積極的に、参加頂いた受講者を仕事に起用します。すでに広告からエディトリアル系まで幾つもの起用事例があります。*受講者のビジネス起用例https://terakoya.localinfo.jp/pages/522046/page_201606212352過去の受講者からは、現在注目のイラストレーターが多数巣立っており、今後さらに寺子屋を継続開催し、イラストレーターの地位向上を目指していきたいと思います。それでは、講師陣、スタッフ一同当日を楽しみにしております。OHGUSHI