第8回寺子屋受講者、西田真菜さんの感想です。

この度寺子屋を受講させて頂きました西田真菜です。

https://www.mananishida.com/

寺子屋は今回で二回目の参加でした。 

去年、ボコボコに悪い点をたくさん指摘して頂き、今後のアドバイスもたくさん頂いたので、その言葉をむねに描いてみた一年でした。

中でも特に楽しかったのは旅先でのスケッチでした。外でのびのびと描くのはとにかく楽しくて時間を忘れて描きました。

なので、寺子屋には旅先のスケッチと、身の回りの好きなものを描いた絵とかをもってプレゼンしにいきました。結果としては、私自身の中では成長はあったものの、他の方々と比べると突き抜けるものが全然足りないと実感しました。

旅や風景、身の回りの可愛いもの、といったテーマは描いてる方がたくさんいます。そこから一歩でるにはどうしたらいいか、そんなアドバイスを沢山頂きました。なので、次は「旅×○○」とか(○○は考え中ですが、)私ならではのテーマやストーリーで描いていこうと思います。楽しみです。頑張ります。

講師の皆さまからのアドバイスはためになるものがたくさんありました。ここにまとめられないので、アドバイスのレビューは他の参加者の方々にまかせます。

代わりに二回目の参加で改めて感じたことを書きます。

寺子屋は主催のOHGUSHIさん、講師の皆さま、スタッフの方々、受講者の方々、とにかく皆さま志が高いです。

そういう人たちが一堂に会したときのパワーは凄まじいものがあり、普段一人で黙々と描いてて孤独になりがちな自分にはそのパワーのおかげでもっと頑張ろうと思える時がたくさんありました。

美大出身とかでもないので、クリエイターの方の知り合いは少なく、寺子屋のおかげで出会った方々との繋がりもすごく貴重で、制作裏話とか共有できるのも励みになりました。

去年初めて参加した受講生の方々と寺子屋で一年ぶりに再会して、めちゃくちゃかっこよくなってる絵に、きゃー悔しいとか騒ぐのもなんか嬉しかったです。

あと年齢や活躍ぶりも様々な方々が参加するので、そういう自分より先のステップを進んでいるイラストレーターの皆さまに出会うのは、自分が5年後、10年後、15年後どうしていたいのか考えるのにためになります。

長くなってしまいましたが、寺子屋は参加する前はいつも緊張で気持ち悪くなるのですが、参加してみると毎回いってよかった~!ってなります。

来年も多分気持ち悪くなると思いますが、もし出来ることなら受講したいです。

寺子屋

寺子屋とは、作品持参の参加者が、講師陣から仕事に繋げるアドバイスを受け、仲間を広げる交流会です。 営利を目的としないボランティア活動として2011年にスタート。アーティストOHGUSHI主催。

0コメント

  • 1000 / 1000