第8回寺子屋受講枠、安田圭吾さんの感想

安田圭吾

kei-creative.com

今回初めて寺子屋に参加させていただきました。

私の周りにはイラストレーターやデザイナーがほとんどおらず、いったい自分の絵はどのような印象を持たれるのか、魅力はあるのか、何が足りていないのか。。。

一度作品を客観的に見てもらえる機会が必要だと感じていました。

そこでイラストレーターの勉強会や交流会はないかと調べていたところ、寺子屋のサイトを見つけました。

●印象に残ったアドバイス

「ストーリー性を持った作品を増やすべき」

これまでカットイラストを中心に描き進めてきましたが、ストーリー性を重視した作品も描くべきか考えていたところだったので、進むべき道を示してもらえたようで視界がクリアになりました。

「もっとアクセルを踏み込んだ作品を見たい」

私は絵を描くとき、頭の中で描いたものを忠実に紙へ写す感覚で描いているが故、冒険ができず消極的な表現で留めてしまうところがあったのですが、そこをしっかりと指摘されてしまいました。

今後の課題と捉え、いかにアクセルを踏み込めるかスピンしながらチャレンジしていきたいと思います。

また、先人が培ってきた日本独自の表現技法を自らの作品に継承しているOHGUSHIさんの姿勢には非常に感銘を受けました。

最後になりましたが、今回参加された方々のレベルが非常に高く、とても有意義で刺激的な一日となりました。

みなさま、本当にありがとうございました。

寺子屋

寺子屋とは、作品持参の参加者が、講師陣から仕事に繋げるアドバイスを受け、仲間を広げる交流会です。 営利を目的としないボランティア活動として2011年にスタート。アーティストOHGUSHI主催。

0コメント

  • 1000 / 1000